雲岡石窟は中国山西省大同市から西へ約16キロメートル離れた武周山の南の麓に位置して、今まで既に1500年の歴史があった。仏教芸術が東へ中国に伝えた後に、初めて1つの民族から1つの時代で彫った皇室の風格のある仏教芸術の宝庫で、西暦5世紀に於ける中国と西洋の文化の融合となる歴史の高い石碑である。

雲岡石窟は1961年3月に国務院に公表された第1陣全国重要文化保護財で2007年5月に国家第1陣5A級観光地になった。

雲岡石窟は2001年に国連教育科学文化機関に世界文化遺産の名簿に入れられた

開館時間の知らせ

開放時間:8:30―17:00(ピーク・シーズン)

                  8:30―16:30(オフ・シーズン)

入場料:人民元125元/人、入場券は当日有効です。

雲岡石窟 は2001年に国連教育科学文化機関に“世界文化遺産”の名簿に登録されていることは雲岡石窟の文化財の保護、学術研究と遺産の管理などの活動が1つの全く新しい発展に入った時期を示している

雲岡石窟は我が国の三大石窟の中の一つで、石窟は山に寄りかかって切り開いて、東西1キロメートルにも達している。現存している大小の洞窟は254個で、重点の洞窟は45個である

観光客のために開放時間、解説サービス、小物の預け、飲食とショッピング、放送サービス、医療サービス、ビジネスセンター、映像部、安全・防衛、休憩区、文化の展示など各類のサービスを提供する